健康診断補助金について

労働安全規則に基づき、事業主が市内事業所で働く従業員の定期健康診断を実施したとき、健診に要した経費の一部を補助いたします。

案内チラシ


ファイルイメージ

補助金の目的

労働者の健康増進並びに中小企業の健全な発展及び雇用の安定に寄与することを目的とします。

交付対象者

以下のすべてに当てはまる事業者が対象となります。
・市内に事業所を有している中小企業
・市税を完納していること
・健康保険等、他の機関から健診に要した経費の補助を受けていないこと
※中小企業の定義はこちらでご確認ください。中小企業庁のページへ

補助金の内容

次の表のとおりです。なお、毎年度実施される健康診断について申請できます。
※同年度に同じ従業員で2回の補助は受けられません。
※事業主や代表者は対象外です。
※市外の事業所に配属されている従業員は対象外です。

健康診断の内容 補助額

健康診断を受診されたその受診項目が労働安全衛生規則第44条第1項に規程

する項目全部の場合

受診者1人当り1,500円

医師の判断により、労働安全衛生規則第44条第2項の規程に基づき受診項目

を省略した場合

受診者1人当り800円

※労働安全衛生規則第44条第1項に規程する健康診断の受診項目とは以下のとおりです。

  1. 既住歴及び業務歴の調査
  2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重、腹囲、視覚及び聴力の検査
  4. 胸部エックス線検査及び喀痰検査
  5. 血圧の測定
  6. 貧血検査
  7. 肝機能検査
  8. 血中脂質検査
  9. 血糖検査
  10. 尿検査
  11. 心電図検査

この中で、3、4、6~11については医師が必要ないと認めるときは省略できます。

申請について

申請書と記載例をこちらからダウンロードしていただき、書類を整えていただいた上、碧南市商工課までご提出ください。

申請書類・記載例 ※平成29年4月1日(最新版)

申請書類・・・交付申請書兼実績報告書、健康診断実施者一覧表(全項目受診者)(様式第1号)、健康診断実施者一覧表(省略受診者)(様式第2号)、補助金交付請求書 (※平成29年度から様式を変更しています。)

ファイルイメージ

PDF版

ファイルイメージ

Word版

ファイルイメージ

記入例


添付書類

■ 全受診者の診断日、診断項目が分かる書類(写し)
 ※受診者ごとに、診断日、診断項目が分かる書類を提出してください。
■ 健康診断料の領収書(写し)
 ※領収証、または振込明細書 (通帳の写し)及び請求書など、支払いが分かるものを提出してください。
■ 市税の完納証明書(発行から30日以内の原本)
 ※税務課で交付します(1通200円)
  交付には本人確認できるもの(運転免許証、パスポート、健康保険証等)の提示が必要になります。
  法人の場合は、代表者印の押印が必要になります。代表者以外が申請する場合は代理権授与通知書(委任状)が必要です。
  個人事業主の場合は、本人または同世帯の家族以外の方が申請する場合、代理権授与通知書が必要です。
  代理権授与通知書は、税務課の窓口、またはホームページで取得できます。
  交付申請書・委任状 ダウンロードページへのリンク


申請期限


健康診断料の支払いが終わった日から30日以内に、市商工課に申請してください。
(ただし、支払日が平成30年3月13日以降の場合は、平成30年4月10日までに申請してください。)

その他

碧南市国民健康保険加入者は、当補助金を利用するより国民健康保険の助成を利用して保健センターで実施する生活習慣病予防健診を受診した方が安い場合があります。


お問い合わせ

商工課 企業応援係
電話 0566-41-3311 内線375
E-Mail shoukoka@city.hekinan.lg.jp